あなたが仏教から学べるただ1つのこと

あなたが仏教から学べるただ1つのこと


仏教とは?

本当の生きる意味が教えられている
仏教とは何でしょうか。

「仏教」とは、
「仏の教え」、「仏の説かれた教え」
ということです。

たまに「えっ?仏教って教えがあったんですか?」
という人がいるので、
よっぽど現代の仏教が、
葬式に特化しているということですよね。

実は、仏教は、
葬式ではなくて、
仏の教えです。

では「仏」とは何かといいますと、
仏教では、さとりといっても、
低いものから高いものまで全部で52あります。
これを「さとりの52位」といいます。

その52の中で、最高のさとりを
仏のさとりといいます。

「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」
といわれるように、現在まで地球上で
仏のさとりを開かれたのは、
お釈迦さま以外にありません。

ですから、仏教とはお釈迦さまの説かれた教え
ということになります。

約2600年前、インドでご活躍なされたお釈迦さまが、
35歳で仏のさとりを開かれてから、
80歳でお亡くなりになるまでの
45年間、説いて行かれた教えを、
今日仏教と言われます。

仏教に何が教えられているの?

その教えのすべては一切経七千余巻といわれる
沢山のお経となって書き残されています。

ですから、仏教の教えを知るには、
この一切経を読めば分かります。

ところが、七千余巻もある上に、
基本的に漢字ばかりの漢文で、
仏教の専門用語もたくさん出てきます。

そういう難しいお経を七千余巻全部読んで、
正しく理解しないと、
お釈迦さまが何を教えられたのかは分かりません。

そんなことは誰でも彼でもできることではありませんが、
約800年前、京都に生まれられた
親鸞聖人は、一切経を何回も読み破られて、
お釈迦さまの説かれたことは、
たった一つのことなのだと明らかにされています。

どこにどう明らかにされているの?

それが『正信偈』のこの2行です。

如来所以興出世
唯説弥陀本願海 (親鸞聖人『正信偈

これは、
「如来世に興出したまう所以は
 ただ弥陀の本願海を説かんがためなり」
と読みます。

「如来」とは、仏と同じことですが、
ここでは、釈迦如来、お釈迦さまのことです。

なぜ分かるかというと、次に
「世に興出したまう所以は」とあるからです。

「世に興出したまう」というのは、
地球上に現れられたということですが、
地球上に現れた仏様は、お釈迦さまただお一人ですので、
この如来は、釈迦如来、お釈迦さまに決まります。

「世に興出したまう所以は」の
「所以は」とは、目的は、ということですから
お釈迦さまが、この地球上に現れて、
仏教を説かれた目的はということです。

お釈迦さまは45年間、仏教に何を教えられたのか
といいますと、それは「唯説」であったといわれています。

「唯」は、2つも3つもない、
ただ1つということですから、
「唯説」とは、ただ1つのことを説かれたという
断言です。

45年間教えられて、七千冊以上のお経を説かれたと聞くと、
お釈迦さまは色々なことを教えられた方なのだろう
と思いますが、そうではなかったのです。

たった1つのことしか教えられていないということです。

こんな断言は、一切経を99%読んでもできることではありません。
あとの1%に、何が書かれているか分からないからです。

親鸞聖人が一切経を何度も何度も読み破られて
断言されているのです。

ですから、そのただ1つのことを聞けば、
仏教全部聞いたことになりますし、
そのただ1つのことを知れば、
仏教全部知ったことになります。

世界の三大聖人と言われてもトップにあげられるお釈迦さまが、
一生涯ただ1つ教えて行かれたことですから、
そのただ1つのこととは何かが、
極めて重大なことになります。

じゃあそのただ1つのこととは?

ではそのただ1つのこととは何かというと、
次に「弥陀本願」とあります。

それは、弥陀の本願であると
親鸞聖人は断言されています。

「弥陀の本願」とは、
阿弥陀仏の本願のことです。

お釈迦さまが、仏教に説かれているのは、
阿弥陀仏の本願ただ一つなのです。

こんなに大切なことはありません。
では、その阿弥陀仏の本願とは一体何なのか

仏教に教えられるただ1つのことについて
以下のメール講座で詳しくお話しいたします。

仏教の教えが最短最速で分かる無料メール講座

本当の仏教に明らかにされた、一切の苦しみの根本原因と、
本当の生きる意味を小冊子と無料メール講座におさめましたので、
今すぐ以下からお受け取りください。

メールアドレス:

もしあなたがこのメール講座に満足できないようなら、
いつでもメール講座の1通1通の下の部分にあるリンクから解除できます。

ただ、急ぐ必要はあります。
このような仏教界を震撼させる秘密が流出することを
僧侶も仏教学者も好みませんから、
いつまでこの情報を公開できるかは保証できません。

もしそれが起きてしまえば、どんなにお金をかけても、
どこへ行っても、この仏教の秘密を知ることはできなくなります。
今すぐダウンロードして読んでおいてください。