自分の人生の目的に全力で取り組んだのに後悔する

人生の目的に全力で取り組んだのに後悔する?


むなしい人生を過ごしている人のワナ

今、あなたは好きなことができていますか?

どうしてこんな人生になっているのかよく分からない、
むなしい人生を過ごしている人は、
自分の好きな、やりたいことができていないことが多くあります。

別に行きたいわけじゃないけど、
自分に入れそうな高校や大学に行って、
入れそうな会社に入って、言われた通りの仕事をして、
ただ周りに流されて、今に至ってしまった。

今の仕事が好きなわけではないので、
転職したいけど、リスクも高いし、
今よりひどくなったら大変だし、と思っているうちに、
今日も同じような仕事をしている。

何でこの人と結婚しているのか、
意義が見いだせない。
強いて言えば、結婚したときは心が弱っていた……(笑)。

定年退職して、どうしたら残りの人生を
悔いのないものにできるか分からないので、
結局やることがなく、つまらない毎日。

周りに気を遣って、慎重に生きているうちに、
毎日が同じことのくり返しで、
心からの喜びも満足もない。
そんな、自分のやりたいことを我慢して、
安全かもしれないけど同じことを毎日繰り返している人は、
人生がむなしく、無気力になりがちです。

そんなとき、周りで積極的に活躍している人を見ると、
ああいうふうに生きられたら、楽しそうだなと思います。

同じ社内でも、その人の得意分野があって、
みんなから一目置かれ、その分野の仕事をまかされている人や、
好きなことを仕事にして独立して成功している人。

スポーツとか釣りとか、何かの趣味にやたらと詳しくて、
それについては他の追随を許さない人。

社交的で自信に満ちて、洗練された感覚を持ち、
みんなが困っているときには、大体間違いない
リーダーシップをとってくれて、頼れる人。

自分も積極的に、ああいうふうに生きれたら、
もっと楽しい人生になるのに、と思います。

そして、人生本なんかを読むと、
それは才能や性格、実績や経験に関係なく、
心の持ち方一つで、そんな楽しい人生が送れますよ、
と書いてあったりします。

どうすればいいかというと、そんなにすごいことでなくてもいい、
どんなことでもいいので、それをやっていたら楽しめるし、
他の人からも喜ばれるような人生の目的を見つけることです。

そんな生きる目的を見つければ、今の日常が、そのままで、
喜びにあふれたものになります、
普通の毎日に、生きる意味が見いだせるのです、
といった感じです。

好きなことをすれば本当に喜びにあふれた充実の人生になる?

これにはかなり説得力があるのですが、
ここでもし、それを本当の人生の目的と思ってしまったら、
大変な後悔をすることになります。

もし、自分の得意なことで、自分も楽しく、
人から喜ばれることが、人生の目的なら、
それをやっていた人は、喜びの人生を送っているはずですよね。

ところが、たとえば、自分の好きなことをして
お金も名声も手に入れたビートルズは、
こんなことを言っています。

ビートルズは、ほしいだけの金を儲け、
好きなだけの名声を得て、何も無いことを知った。
(ジョン・レノン)

また、学校の美術の教科書にスイレンの絵が必ず載っている
フランスの画家、クロード・モネは、
当時のフランスの大統領とも仲良しでしたが、

私の人生は失敗過ぎなかった。(モネ)

と言っています。

日本中を旅行して、国語の教科書に載っている
松尾芭蕉は、最後は旅に病みました。

渋谷の忠犬ハチ公の飼い主の先生も、
大学で授業中に倒れて、
それきり帰ってこなくなっちゃったそうですが、
仕事に人生を捧げてるって感じで、
かっこいいですよね。

ところが本人はどう感じるのでしょうか。

松尾芭蕉は、臨終になると、
花鳥風月に心をかけるのは迷いであったと知らされ、
「あれだけ打ち込んできた俳諧を忘れようとしか思わないとは……」と、
繰り返し繰り返し後悔した『笈日記』にあります。

この後はただ生前の俳諧を忘れんとのみ思うはと、
かえすがえす悔やみ申されし也(松尾芭蕉)

このように、歴史に名を残すほどの大活躍をして
充実の人生を送ったはずの人たちが、
少なからず、後悔したと教えてくれています。

こんなことは教科書には載っていないですよね。

こんなこととはつゆ知らず、
闇黒の崖っぷちに向かって歩んで行くので、
大変危険です。

自分が得意で好きな、やっていて楽しい、
他人にも喜ばれることを人生の目的として
取り組むのは、やらないより楽しいですが、
それによって人生に後悔がないというわけではありません。

早く気づかないと必ず後悔します。

その原因は?

それはなぜかというと、
「人生の目的」という言葉遣いは同じでも、
それは本当の人生の目的ではないからです。

それは、趣味や生き甲斐です。

それらは人生に必要なことですが、
ほんの一時的な喜びであって、
人間に生まれてよかったと大満足できる
本当の人生の目的とは違うのです。

世の中で言われる人生の目的は
仏教に説かれる本当の人生の目的と
まったく違いますので、
そこをよく知っておいてください。

仏教の教えが最短最速で分かる無料メール講座

本当の仏教に明らかにされた、一切の苦しみの根本原因と、
本当の生きる意味を小冊子と無料メール講座におさめましたので、
今すぐ以下からお受け取りください。

メールアドレス:

もしあなたがこのメール講座に満足できないようなら、
いつでもメール講座の1通1通の下の部分にあるリンクから解除できます。

ただ、急ぐ必要はあります。
このような仏教界を震撼させる秘密が流出することを
僧侶も仏教学者も好みませんから、
いつまでこの情報を公開できるかは保証できません。

もしそれが起きてしまえば、どんなにお金をかけても、
どこへ行っても、この仏教の秘密を知ることはできなくなります。
今すぐダウンロードして読んでおいてください。