生きる意味はすべてをありのままに受け入れること?

生きる意味はすべてをありのままに受け入れること?


生きる目的はすべてをありのままに受け入れること?

あなたは、
「生きる目的は、すべてをありのままを受け入れることだ」
と聞いたことがありませんか?

そう聞くと、文章の意味は分からないようでいて、
論理を超える、ふところの深さや、心の広さが感じられて、
何とも否定できないオーラが伝わってきます。

確かに、できないことを無理にやろうとしたり、
もうどうしようもない過去の後悔し続けても
苦しいだけです。

人生に苦しいことは沢山ありますが、
それを受け入れて生きたほうが、
楽に生きられるようになります。

若い頃は、自惚れていますので、
頑張れば何でもできるように思いますよね。

大学に入ったくらいのときには、
これからの人生、無限の可能性があって、
気持ち一つでどんなことでも
実現できると思います。

それが実際に社会に出て、
色々な苦しいことに出会ったり、
何度も挫折を経験するうちに、
自分には、できることと、できないことがあるんだと
分かってきます。

人生行路をかなり進んだ人ならば、
振り返って見れば、無駄なこともたくさんしてきたし、
あの時、こうしておけばよかったという後悔も
たくさん出てきます。

そんなとき、何かの考えにとらわれず、
過去の苦しかったことも、
楽しかったことも受け入れて、
自分のできることもできないことも受け入れて、
その上でひたむきに生きるのが、
よりよい生き方だと言われます。

これが生きる目的と思うと大変なことに……!?

確かにそれは、生き方としては良さそうですが、
冷静に考えると、生きる目的ではないですね。

なぜならそれは、生きることをマラソンにたとえると、
走っている途中には、楽しいこともあり、
苦しいこともある、
それらをありのままに受け入れて走るのが
いい走り方だというのと同じです。

そういう走り方と、ゴールとは別の話です。
もしゴールなしで、すべてをありのままに受け入れて
ひたすら走っていたらどうなるでしょうか。

だんだん苦しくなってきて、
最後は走り倒れあるのみです。

私たちが生きていくと、どんなに頑張っても、
最後は必ず死んでいきます。

まるで、マラソンの最後は崖になっていて、
そこへ落ちて行くようなものです。

なぜ苦労して走って、崖から落ちて行かなければならないのでしょうか。

それをありのままに受け入れて崖から落ちて行こう
というのはおかしな話です。

崖から落ちるまでに、何をすれば、
人間に生まれてよかったと大満足できるかが、
生きる目的です。

生まれてから死ぬまでに、何を果たさなければならないのか。
人生これ一つというものです。

生き方を生きる目的のように思ってしまうと、
目的なしに生きているのと同じですから、
苦しんで死ぬだけの人生になってしまいます。

本当の生きる目的も分からなくなってしまいますから、
生きる目的と生き方を混同しないよう、
よくよく気をつけてください。

仏教の教えが最短最速で分かる無料メール講座

本当の仏教に明らかにされた、一切の苦しみの根本原因と、
本当の生きる意味を小冊子と無料メール講座におさめましたので、
今すぐ以下からお受け取りください。

メールアドレス:

もしあなたがこのメール講座に満足できないようなら、
いつでもメール講座の1通1通の下の部分にあるリンクから解除できます。

ただ、急ぐ必要はあります。
このような仏教界を震撼させる秘密が流出することを
僧侶も仏教学者も好みませんから、
いつまでこの情報を公開できるかは保証できません。

もしそれが起きてしまえば、どんなにお金をかけても、
どこへ行っても、この仏教の秘密を知ることはできなくなります。
今すぐダウンロードして読んでおいてください。